スポンサーリンク

ライブ好きだけど夏フェスがものすごく苦手・嫌いな理由を考えてみた

ライブ

率直にいうと、僕は夏フェスが嫌いです!!

嫌いというかまぁ単純に苦手なだけかもしれませんがそれはさておき、

夏フェスといえば、やっぱりROCK IN JAPAN(ロッキンジャパン)が代表的で有名です。

その他にもフジロックやサマーソニックやらなんやら色々ありますよね。

そんなライブ好きであろうあなたは、夏フェスは好きですか?

多分、普段から音楽好きでライブ好きな人の多くは夏フェスも好きだと思います。

しかし、僕は夏フェスに行ったことはないけど嫌いです(2回目)。

ではなぜ嫌いのか?

その理由を書く前にまずは、その魅力を考えてみたいと思います!

 

スポンサーリンク

夏フェス嫌いだけど、なんとなくわかる魅力

たくさんのアーティストのライブを一度に観ることができる

アーテイストのワンマンライブだとチケット代はたいてい、4千~1万円前後くらいがほとんどかと思います。しかし、フェスでは一日だけで1万~2万円の間くらいの値段で、たくさんのアーティストのライブが観放題なのでお得感を味わうことができます。

 

知らないアーティストにハマるかもしれない

フェスに参戦する多くの人がは、自分の好きなバンドなどのお目当てのアーティストが出演してるから行くと思います。

しかし、フェスではたくさんのバンドやアーティストが出演してるため必然的に自分が知らない、もしくは、知ってるけど普段あまり聴いことないようなアーティストもいるわけです。

それらの知らないアーティストのライブを観て、CDの音源だけではわからないような魅力を知ったことをきっかけに、新しいアーティストにハマる可能性があるってことなんですよね。

フェスの魅力といえば、多分これが一番大きいかもしれませんね。(棒)

 

フェス飯が食べられる

フェスに会場では、屋台がいっぱいあってどれもぼったくり価格ですが美味しいと思います。

これらのお祭り雰囲気をライブで味わえるのもフェスならではの醍醐味ですよね。

 

会場との一体感を味わえる

広い会場で観客と一体感になって盛り上がったりするのは楽しいでしょうね。

 



夏フェスが苦手・嫌いな理由

そもそも暑いのが苦手


そもそもですが、とにかく夏の暑さと炎天下がものすごく苦手なんです。

いや、別に得意なんて人はいねーだろ!と思うんですけど、それでも夏フェスにはめちゃくちゃ大勢の人が毎年集まりますよね。TVの特集なんかも見れば、その様子もわかると思います。

だからこの夏のクソ暑い中に、わざわざ炎天下のライブを楽しもうとするのが、ちょっと理解できないんですよね。

まぁ、それでも出演者が自分にとって豪華だからという理由だけで、どれだけ暑かろうがそんなの関係なく行きたくなる気持ちもわかりますけどね。笑

 

人口密度がヤバいし、客観的に見ると気持ち悪い


夏フェスは基本的にオールスタンディングで、座る席というのはありません。

なので、ライブ中は全体的に人と人がかなり密集します。特にステージ前方はかなり密集してると思いますし、人口密度が高く、必然的にその観客の姿はまるで人の海みたいになるのでかなり気持ち悪く見えます!!

例えるなら、バイオハザードのゾンビ状態です。

これがまだ季節的にまだ涼しい時期や寒い時期ならいいですが、夏の暑さがあるとなると、本当に最悪です。

 

大勢で集まり騒ぐのが目的になってる感


夏フェスって音楽を普段聴かない人も来てて、ただ大勢で集まって騒ぎたい人もたくさんいると思うんですよ。

もちろん別にそれが悪いと言うわけじゃないけど、個人的には音楽のお祭り雰囲気を味わうより、集中してアーティストの世界観に入りたいので多分、ノリは合わないと思います。

まぁこれに関しては完全に偏見も入ってますけどねw

 

会場のアクセスが不便

フェス自体あんま行ったことないから、全部がどうかはわからないんですけど

ロッキンジャパンだと会場は、茨城県の国営ひたち海浜公園という場所で行われますが、

この会場って電車で行くとなると、アクセスが地味に不便じゃないですか?

最寄りからシャトルバス乗らなきゃだし、帰りは特に混雑しててさらに地獄みたいになると思います。

個人的には混雑するシャトルバスなんか乗りたくないので、電車で最寄り駅から徒歩圏内で行ける会場のがありがたいですね。

 

ぼっち参戦に向かない

個人的に、ロックバンド系のライブではスタンディングでぼっち参戦して自由に動き回りたいタイプなんですが、フェスでぼっちはキツいかなと思います。

なぜかというと、フェス飯でぼっち飯をしなきゃいけなくなるからです。笑

周りが大勢がみんなで一緒にいる人達を見ると、そんな空間の中で自分だけ一人で飯を食べるというのはなんとも言えない空虚感があります。

もちろん、ぼっちでも全然そんなことは気にせずフェスに参戦する人は、いると思いますけどね。

 

知らないアーティストにハマる自信がない

僕自身は、音楽が狭く深く聴ききたいタイプだし、それに今の自分が好きなバンドやアーティストを超えるほど、深くハマれる自信がないので、そこまでフェスにメリットは感じられないので意味ないと思います。

まぁ、無理してファンにならんくても、その場限りでも音楽を楽しめたらそれでいいとは思いますけどね。

でもやっぱり1つのアーティストでたくさん曲が聴けるワンマンライブのが最高です!

 

羨ましくなる

これに関しては、完全に嫉妬です。

自分が知らないアーティストのライブを観たときに、、

何でこんなに人気なの?

とそこまで魅力を感じなかったときに、なんか勝手に納得できずムカついて嫉妬しますww

 



まとめ

いかがでしたか?

ここまで散々文句もいってきましたが、実際に夏フェスに参戦して楽しそうにしてる人達を見ると自分も行ってみたくなるジレンマに陥ることもありますwww

全体的に見ると、メリット・デメリットみたいな書き方みたいになってしまいましたが、夏フェスが苦手・嫌いのな人もいるんだなーっていう程度に少しでもご理解頂けたら嬉しいです。

 

タイトルとURLをコピーしました