スポンサーリンク

【ギター挫折経験者が語る】独学でもギター初心者が挫折しない方法とは!?

ギター

どーも、せむひろ(@semhiro)です。

僕がギターを初めて手にしたのはエレキのほうで高校生ぐらいの時でしたが、わずか2週間前ぐらいで挫折してしまったことがありました。

始めたばかりの当初は、教則本に書いてある内容ばかりをやっていて、それがだんだん飽きてしまって、「全然曲が弾けるようにならない」となって挫折してしまいました。

しかし、そんな飽き性な自分がどうやってその挫折を乗り越えることができたのか?

 

独学でギター始めてたけど、一曲弾けるようにまで続けられる自信がない

独学でギターってなんか難しそう

てか基礎練習がつまらないし、挫折した

という方も多くいるかと思いますが、そんな飽きっぽい性格のギター初心者の方でも挫折しない方法を紹介していきたいと思います!!

スポンサーリンク

挫折してしまう要因と対策


挫折と一言で言っても人それぞれに、そこには様々な要因が絡んでいます。まずはそこから探っていき、対策案を考えてみましょう。

練習がつまらない

「独学でギターを始めてみたけど、なんとく練習に飽きてしまってつまらない」という理由で挫折してしまった方も多くいるのではないでしょうか?

ギターを始めたばかりの頃というのは自分の思うように弾けなくて当然です。

なので、初めから「つまらない」と言って途中で止めてしまうのは非常にもったいないです。

そんなときは、ギターがカッコイイと思う曲(好きな曲)を聴いてモチベーションを上げていき、ギターが弾きたくなるように自分を仕向けていきましょう!

バンドを組んでいないと孤独

独学の場合、ギターの練習は基本的に一人ですることが多いので孤独を感じてしまうかもしれません。

そのような方は、自分と同じようなギターの趣味仲間を作りましょう。もしくは学生なら軽音楽部に入ってバンドを組んでみましょう。


ソロで音楽を奏でるのも楽しいですが、そのような音楽仲間と共に音楽を演奏する一体感などまた違った楽しみが味わえます!!
もし身近に一緒にバンドができるような仲間がいないという方は、今の時代なら、SNSで知らない誰かとも簡単に繋がることできます。それらを利用して、音楽仲間を探してみるのもアリなのではないでしょうか?

上手い人と自分を比べてしまう

自分より圧倒的にギターが上手い人を見て、「自分には絶対こんなに弾けるようにならない」と比べていませんか?ギターに限らずどんなジャンルにも上には上がいるものです。だからそのような人たちをみて悲観する必要は全然ないです。

個人差はありますが誰だって最初は初心者です。下手で当然!

どうせ比べるなら過去の自分自身のギターの実力と比べましょう!
毎日練習を続けていたら、少しづつでもレベルは上がっているはずです。

時間(に余裕)がないから

「時間がないから」という理由でだんだん練習をやらなくなってはいませんか?
はっきりいって、これは言い訳に過ぎません。本当は時間がないという理由を盾にやりたくないだけのです。もちろん、学生なら勉強、社会人なら仕事で忙しくて、本当に時間がない、余裕がないという方もいるかもしれません。しかし、本当にギターを弾くことが好きならどれだけ時間がなくても、時間を作ろうと工夫をするはずです

何をしていいかわからなくなる

僕自身の場合はこの要因が一番大きかったかなと思います。

初心者が独学でギターをやる場合、練習内容も全て自分で決めないといけないので、バンドも組んでおらず、ライブなどで演奏する予定が特にない場合、毎日一人でひたすら教則本を読んだり、基礎練習ばかりをするのは、なかなかモチベーションを保つのが難しいかと思います。

ある程度チューニングもできるし、コードも弾けるようになったし、曲も練習してるけど全然上手く弾けるようにならないというループになってしまうと、

途中で何をしていいのかわからなくなってしまうのです。

独学でギターは難しいのか?

ギターなどの楽器って教室に通って習わないとちゃんと弾けるようにならないんじゃないの?

と考えている方もいるもいるかもしれません。

しかし、結論から言ってしまえば独学でも全然問題はありません

なぜかというと教室に通ってようが、独学であろうが基本的に個人練習をしなければ上手く弾けるようにはならないからです。

何のための教室なのか?

それでも、「独学で弾けるようになるのは難しそう」と思っていて教室に通いたいのであれば、手取り足とり全て教えてもらうという目的より、自分のギタープレイを講師の方から指導してもらうという目的で習うことをオススメします。独学の場合、客観的に見て自分のギタープレイがどこが良くてどこが悪いのかの自己判断が難しいかと思います。そのせいでいつの間にか悪い癖が身についてしまったなんてこともあります。あくまで個人練習がメインで、そこを補ってくれるのが教室です。
ですので、ただ単に教えてもらいたいという受け身のスタンスでいけません。積極的に自分から学ぶという姿勢が大切です。
何のために教室に通うのか。そこを理解していないとお金の無駄になってしまいます。その目的を考えてみてください。

教則本は全部読まなくていい

楽器の教則本には、基礎から応用編まで幅広く様々なテクニックを用いた演奏方法が全て書いてあるかと思いますが、始めたばかりのギター初心者の方は、まず基本的なチューニングの仕方、コードの押さえ方を覚えてしっかり音を鳴らせるようにしてください。それらが問題なくできるようになったら、とりあえず教則本は読まなくて大丈夫です。

僕の経験上、教則本にあるギターフレーズをよく練習してましたが、はっきりいって全然面白くありませんでしたし、そのせいでギターを弾くこと自体がだんだんつまらなくなっていき挫折してしまいました。それより自分の知ってる曲や好きな曲を弾いてるほうがよっぽど楽しいです!!なので、教則本がつまらなくて挫折してしまうくらいなら、好きな曲を弾けるように練習することをおすすめします!

基礎練習はほどほどに

基礎練習は大切とはいえ、そればかりでは正直つまらないし、飽きてしまいますよね。
それが原因でだんだんギターに触らなくなって挫折、、、なんてことになってしまっては本末転倒です。

そもそもギターに限らずですが楽器は、音楽です。その文字通り音を楽しむためにあるのです!
ギターをやる目的にもよりますが、初心者の方はまずギターを鳴らして音を楽しむことの快感を覚えましょう。楽しくなきゃ、やっている意味なんてありません。

とにかく好きな曲をコピーして練習しまくる

あなたがギターを弾けるようになりたいと思ったきかっけは何ですか?ギターを弾きたいってことは、憧れのアーティストがいたり、何か自分で弾いてみたいと思った曲があるからなのではないでしょうか?

そのような自分の好きな曲をひたすら練習することをオススメします!!

タブ譜でもOK!(まずは簡単な曲から)

初心者にとってタブ譜は、非常に便利です。タブ譜はギターの指板を図にしていて、どこを抑えて、どの弦を弾くのかを数字で表したもので、誰にでもわかりやすくできているので、簡単な曲であれば、すぐ弾けるようになります。

「タブ譜ばかり頼るのは良くない!耳コピしろ」という意見をよく聞きますが、最初のうちだけは、全然気にせず、タブ譜に甘えちゃっていいと思います!耳コピができなくて途中で辞めてしまい、挫折するくらいならまだ全然マシです。

YouTubeの演奏動画を参考にする

YouTubeなどの動画内には様々な楽器演奏動画を上げている方がたくさんいるかと思います。
もし、その中にあなたの好きな曲や、弾いてみたい曲がありましたら、それらの演奏動画をどんどん参考にして目コピしてみましょう。

具体的にはまず、
①その曲のフレーズを完璧に覚えている状態にする
②演奏動画を目コピ(自分の目でどうやって弾いているのか研究する)
③実際にギターで鳴らしてみる

という順でやってみて下さい!!
最初は、チューニングがわからず、なかなか苦労するかと思いますが、タブ譜をなぞるよりはよっぽど練習になりますので、視覚と聴覚を頼りに頑張ってみてください。

慣れたら耳コピをする

ずっとタブ譜ばかりに頼るのもあまり良くありません。

それだと、弾きたい曲があってもタブ譜がないと弾けないという他人頼みになるからです。

しかし、初心者が「この曲をコピーしたい」ってなったとき、いきなり耳コピでやるというのは難しいかもしれません。

ですので、まずはタブ譜でも目コピしても良いので、ギターで弾ける曲を次々へと増やしていくと、だんだん自然に音に慣れていくと思うので、それから耳コピに挑戦することをお勧めです。

毎日10分だけでもいいからギターに触ること

ギターを挫折しないためには、毎日10分だけでもいいので必ずギターに触ることです。そうすることによって必然的に、習慣化されてよりだんだん上手くなっていき、楽しくなっていきます!

勘違いてはいけないのが、ただ毎日ギターに触ればいいという訳ではありません。
当然ですが、短い時間の中でも、これならクリアできるという小さいハードルを少しずつ超えていくことが重要です!!

ちなみに、よくギター歴でマウントを取ってくる方もいますが、ぶっちゃけ歴は関係ないと思います。関係ないと言ったら言い過ぎかもしれませんが、本当に大事なのは、歴という時間よりもです。短い時間だろうが長い時間だろうが、どれだけ濃い練習をしてるかが重要だと思いますし、ギター歴が長い=その分ギターが上手いとは限らないということです!!(もちろんその分上手い人とも当然います)

ですので、短い時間でも長い時間でも必ず毎日ギターに触ることを徹底してみてください。そうすると必然的にギターを鳴らす習慣ができるので挫折しづらくなります。

まとめ

いかがでしたか?

上記を簡潔にまとめるとこんな感じ。

・練習がつまらないときは、好きな曲を聴いてモチベーションを上げる
・孤独を感じるなら趣味仲間を見つけたり、バンドを組んでみる
・上手い人と自分を比べない
・忙しい人は時間を作る工夫をする
・独学で何をしていいのかわからなくなったときは、教室に通ってみるのもアリ
・教室に通う場合も、個人練習を怠らないようにする
・基礎練習はほどほどに
・教則本に載っているギターフレーズより、自分の好きな曲を練習する
・最初はタブ譜でもOK!
・YouTubeの弾いてみたの動画も参考に、目コピしてみる
・慣れたら耳コピにも挑戦
・毎日10分でもギターに触ること!

これからギターを始める初心者はこれらを参考ににしてみて、途中で辞めて挫折してしまわないように頑張ってみてください。

タイトルとURLをコピーしました