スポンサーリンク

音楽配信サービスが充実してる時代にわざわざCDを買うメリットとは!?

音楽

どーも、せむひろ(@semhiro)です!

皆さんは、音楽を聴くために普段どんな手段を使って音源を手に入れていますでしょうか?

昔はもちろんCDを店に行って買わないと聴けなかったと思いますが今の時代は、CDを買わなくても、レンタルをしたり、iTunes、Google playのダウンロードや、Apple Music、Line Musicの月額制のストリーミング配信サービスを使うなど、様々な方法で音源が手に入りますよね。

そもそもジャニーズの曲などは、ダウンロードや配信サービスにないのでCDを買うかレンタルをしないと音源が手に入りませんし、その他の邦楽アーティストの曲も場合によってはありませんよね、、、

このようにCDを買う理由は人それぞれあるかと思います。

ちなみに僕自身は場合によって使い分けています。

別にYouTubeとかで無料で見て聴けばよくね?

という、無料の手段があるならとにかくお金を払いたくない貧乏性でケチな人も中にはいるでしょう。笑

しかし、このようなネット配信サービスが充実している中で、CDを買うのはもう時代遅れになりつつあるのではないかなと思うと同時に、実はまだまだCDを買うメリットってたくさんあるのです!

この記事では、そんなあなたのために今一度CDを買う、所有することの魅力やメリットを紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

初回限定盤が手に入る

初回限定盤というCDには通常では手に入らないDVDやボーナストラックなどが手に入ります。
このような理由でCDを買っているという人は多分多くいるんじゃないかと思っています!もちろん僕もそうなので!

歌詞カードが手に入る

CDを買えば、歌詞カードが手に入ります。洋楽は日本語訳のついた歌詞カードもある場合もあります。

コレクション感覚と同じで、所有欲を満たせる


考え方によっては、CDは何も音楽を聴いて楽しむためだけのものではありません。

漫画やフィギュアを集めるような感覚と同じでコレクションができるのです!

CDを買えばパッケージが必ずあるので目に見える形として手元に取っておくことができまし、いわゆる所有欲が満たされます。

この手元に音源があるという安心感が得られる所有欲は、ネット配信では味わえません。
この便利な時代になったからこそ、是非もう一度あえてCDを手元に置いてそのアーティストを身近に感じるのも良いのではないでしょうか。

何らかの拍子に消えてしまう恐れがない

Apple Musicなどの月額制のストリーミング配信サービスは聴き放題ではありますが、それがずっと永久的に続くとは限りませんし、いつかその配信サービスがある日突然終了してしまう可能性があるのは否定できません。

そもそもipodやウォークマンに移すことは当然できないので、ずっと継続していかないと聴けなくなってしまいますし、退会したら今まで聴いていた曲は全て消えてしまいます。

これは個人的には最大のデメリットだと思います。

その点、CDはそのような絶対消えてしまう恐れはほとんどありません(壊れたり無くさない限り)。

いらなくなったら中古品として売ることができる

ダウンロードや配信サービスだと誰かに譲ったりすることはできませんが、CDを買っても後にそのアーティストに興味がなくなったり、飽きたりしていらなくなった場合はメルカリやをラクマなどのフリマサイトに中古品として売ることもできます!

そのアーティストの人気や知名度も影響しますが、基本的に新曲であればあるほど、売れやすいのでCDを買ってPCやスマホ、ipodやウォークマンに一度取り込んで即売れば結果的に安くすみますし、こいうやり方もアリなのではないでしょうか。もちろん転売目的で買うのはNGですよ!

まとめ

いかがでしたか?
CDをわざわざ買わなくても音楽が聴けて手軽に手に入れることができる時代ではありますが、このように改めてCDの持つ魅力やメリットを考えてみると、ダウンロードや配信サービスには勝てない部分がまだまだあるかと思います。

 

タイトルとURLをコピーしました