スポンサーリンク

【2020年版最新!】ONE OK ROCKのライブ定番曲まとめ

アーティスト

ONE OK ROCK(ワンオクオクロック)のライブ定番曲といえば、昔からの定番曲でいえば、Re:make、Deeper Deeper、アンサイズニア、未完成交響曲、じぶんROCK、キミシダイ列車、欲望に満ちた青年団など数々の楽曲がある中、特にこれらはファンからも根強い人気もあってライブもよく歌われていたと思いますが、今現在は新曲が増えていき、これらの昔からある定番曲はだんだんセトリから外れていき、ライブで披露する機会が減っていきたまにしかやらなくなりました。

誰もが知ってる完全感覚Dreamerが思い浮かぶと思いますが、実はもうライブでやらないと思うんですよ。というのもTaka(Vo.)さんが「もうこの曲をライブの締めとしてずっと歌ってきたので、飽きた」と言っていて、他のメンバーの皆さんも「この曲に頼りすぎた」とも言っているので、もうしばらくはこの曲はライブではやらないと思います。

それに、完全感覚Dreamerだけに限らず、その他の過去にやってた定番曲の諸々もやらないそうです(笑)

昔からのファンにとっては悲しいですが、中には完全に成仏した曲もあるとか。
その証拠に最近発売されたワンオクのオーケストラライブのDVD&ブルーレイに付いてくるインタビューのブックにその模様が詳しく書いてあるので、知らない人は是非買って読んでみてください。

 

ということで今回は、初めてONE OK ROCK(ワンオクオクロック)のライブに参戦する方に向けて、バンドとして第二章を迎えたワンオクがこれからどんな曲がライブの定番曲になるのか?2020年版なので少し気が早いですが、ファンの僕が予想も含めつつとして紹介していきたいと思います。

 

スポンサーリンク

【2020年版最新!】ONE OK ROCKのライブ定番曲

Change

ONE OK ROCK – Change -Japanese Ver.- [Official Music Video]

この曲は2018年夏頃にiTunesなどで先行配信され、後に9thアルバム『Eye Of The Storm』にも収録されました。音楽性がどんどん変化していく中、第二章として幕を開ける第一歩としてふさわしい曲で、テーマは「チェンジ」変わるという意味ですが、世界一のバンドになるために、ONE OK ROCKはこれからも変化を恐れず常に挑戦し続ける!ということをファンの人達に訴えかけたような曲です。

まだまだ全然新しくて最近の曲なので、これからしばらくはずっとライブの定番曲として活躍することは間違いないでしょう!!

 

Stand Out Fit In

ONE OK ROCK – Stand Out Fit In [Orchestra Ver.]

フルオーケストラのライブで、新曲として初めて披露されたのがこの曲です。この曲も2018年冬頃に、iTunesなどで先行配信され、公式での和訳付きMVも公開され、そのMV歌詞の内容やストーリー性が絡んでとても大きな話題になりました。

9thアルバム『Eye Of The Storm』のリード曲としても収録されいるので、今後もライブでの新しい定番曲になるでしょう。

 

Wasted Nights

ONE OK ROCK: Wasted Nights [OFFICIAL VIDEO]

9thアルバム『Eye Of The Storm』にも収録されていて、映画「キングダム」の主題歌にもなりました。映画の壮大な世界観とマッチしたような入り込むようなサウンドに魅了され、ファンの間でも高い人気がある曲なのではないでしょうか。エンドロールにぴったりな曲なので、ワンオクのライブの締めの新しい定番曲になるかと思います。

 

Push Back

9thアルバム『Eye Of The Storm』にも収録されている「Push Buck」は海外のライブやフェスでは一曲目にやっていることが多く、ファンの人達も乗りやすく盛り上がりやすいと思うのでしばらくこの曲はライブ定番曲になることは間違いないでしょう。

 

I was king

ONE OK ROCK – I was King [Official Video from Orchestra Japan Tour]

2017年に発売された8thアルバム『Ambitions』にも収録されていて、歌詞の「When I was king」が直訳ではなく、「怖いものなど何もなかった時」と翻訳されたMVも話題になりました。
近年の日本のワンマンライブでは必ずと言っていいほど、セトリに入っているので、この曲もまだまだライブで活躍するでしょう。

 

We are

ONE OK ROCK – We are [Official Video from AMBITIONS JAPAN DOME TOUR]

NHKの番組「18祭」の企画がきかっけで作られた曲で、18歳を中心に生きる若い世代の人達が将来に対する不安、葛藤感、絶望感に対して強いエールを送ったような曲です。
2017年に発売された8thアルバム『Ambitions』にも収録されていています。

 

Take what you want

8thアルバム『Ambitions』に収録されている曲で、この曲もライブの終盤にかけてよく歌われることが多く、曲が始まるまでの長い沈黙や、ファンの人たちだけで「おーおーおー♪」と歌うのが印象的です。

 

Clock Strikes

【HD】ONE OK ROCK – Clock Strikes "Mighty Long Fall at Yokohama Stadium" LIVE

2013年に発売された6thアルバム『人生×僕=』に収録されていて、割と昔の曲ではありますが、この曲もまだまだ活躍すると思います。なぜかというと、曲の間奏でロングトーンをする場面があるのですが、Taka(Vo.)さんは遊び心で毎回何秒持つか挑戦しているそうです(笑)。
ライブの中盤でこの曲がよく歌っている印象があります。

 

 

The Beginning

【HD】ONE OK ROCK – The Beginning "Mighty Long Fall at Yokohama Stadium" LIVE

映画「るろうに剣心」の主題歌にもなっていて、ファンの間でも高い人気を誇る楽曲です。
ワンオクといえば、この曲をイメージされる方も多くいるのではないでしょうか。
2013年に発売された6thアルバム『人生×僕=』に収録されていて、割と昔の曲ではありますが、これからもまだまだ活躍すると思います。

 

 

Mighty long fall

ONE OK ROCK – Mighty Long Fall [ONE OK ROCK 2015 “35xxxv”JAPAN TOUR LIVE & DOCUMENTARY]

同じく続編の映画「るろうに剣心 京都大火編」の主題歌にもなり、話題になりました。
ライブでは必ず盛り上がるほど鉄板の曲で、欠かせない一曲になりつつあるのではないかと思います。シングル曲としても発売され、後に2015年に発売された7thアルバム『35xxxv』にも収録されいています。

 

 

完全感覚Dreamer

ONE OK ROCK 「完全感覚Dreamer」

ライブのアンコールラスト曲といったらもちろんこれですよね!完全感覚Dreamer!この曲は当時まだ5人組だったワンオクがギターのアレクが不祥事で抜けて活動休止になり解散の危機までに追い込まれていた時期に、4人になってから再スタートをするきっかけとなったのが、この曲なんです!

ワンオクの原点とも言っても過言ではないのでしょうか?ワンオクがさらに爆発的に人気が出て、逆境を乗り越えるきっかけとなった曲で、歌詞もストレートでメッセージ性も強く感じられます。

ファンはもちろん彼ら自信もこの曲に救われたこともあり、今現在でもこの曲を大切にしています。なので、この曲は何があっても絶対にセトリから外すことはないでしょう。

 



まとめ

いかがでしたか?

昔からよく歌ってたライブ定番曲がだんだん少なくなってきているのがわかると思います。それでも生き残っている曲は、Clock strikes、The BeginningとMighty Long Fallぐらいしかありません。しかし、これはしょうがないことだと思います。なぜかというと、新しいアルバムやシングル曲を出すと必然的に曲が増えるのでその分、昔からの曲はセットリストに組むことがを難しくなるしどうしても入れられない曲はでてきてしまいます。それに、Taka(Vo.)さん本人も自分で「俺は飽き性だから」という同じことをしたがらない性格もあるので、一度どこかで久しぶりにやった曲はもう一生やらないと言っても過言ではないと思います。(笑)

 

タイトルとURLをコピーしました